トレーニング

おうちで簡単!チューブトレーニング【背中】編

チューブトレーニングでは、ゴムの張力が負荷となります!
また、バンドの種類により張力が異なるため負荷も変えやすく、初心者の方や体力に自信のない方など自身の体力に合わせてトレーニングが可能です!
さらに持ち運びが便利なことや場所にも困らないため自宅でのトレーニングにもおすすめです!

今回は背中を中心としたトレーニングを行います!
背中をトレーニングすることのメリットとしては
・基礎代謝の向上につがる
・美しいボディラインが手に入る
・肩こりや首こり、腰痛の改善
などがあげられます。

注意点としては、トレーニングの際は出来るだけゆっくりやることを心がけてください!

チューブシーテッドロウイング 広背筋中央部

01



女性の気になる下着のラインが綺麗になります!

【注意点】
・足の裏にチューブをかけて膝は軽く曲げて長座の体制になる
背中を伸ばし、チューブを下から持つ
肩が上がらないことを注意して、肘を体から離れないように脇を締めてチューブをひく

!Point

背中で肘と肘がくっつくイメージで肘がおへその高さを通るようにチューブを引っ張る!

チューブラットプルダウン

02



肩こり改善にもおすすめ!

【注意点】
・手の親指にチューブをかけて腕をまっすぐ上げる
肘同士が背中でくっつくのをイメージして腕を下ろしていく
・胸は少し張ってあげた状態で肘が体につくまで下ろす

!Point

肩甲骨がしっかり動くことを意識して、動いてる感覚を感じる

まとめ

ただトレーニングするのではなく、使いたい部分トレーニングしたい部分を感じたり考えながらやることでやりやすさや動かす感覚を変わってくると思います!

1種目10〜15回×3 やることをオススメします!

並木珠那

執筆者: 並木珠那

UNDEUXパーソナルトレーナー・健康運動実践指導者・趣味バスケットボールで、前職はプロチームで働いていたり、水泳の指導を経験・自分に会いにきてくれて、会えば、「元気になれる」と言ってもらえるよう努めます!

RECCOMEND

おすすめの記事