ライフスタイル

「糖質」との付き合い方

糖質制限のその後

ハードな糖質制限は一時的にするものであり、ある程度の体脂肪が落ちてきたら少しずつ糖質を取り入れていきましょう。
いきなり以前と同じ量の糖質を取るのは体にとって負担となりますので、徐々に摂取していくのがよいです。

取り入れる量とタイミング

まずは1日1食からスタート。できれば体を動かす朝か昼の日中のうちに取り入れるのがベストです。
1〜2週間は続けてその後は1日2食にするなど少しずつ増やしていきましょう。運動習慣があれば尚よしです。
適度な糖質は筋肉量をアップさせていくためにも必要ですので、体脂肪が落ちてきたら次は筋肉量を増やすステップにいきましょう。

糖質源となる食材

糖質源となる食材と言ってもたくさんの種類があります。
ご飯・パン・麺類・芋類など、、、

まず取り始めるのにおすすめの糖質は「ご飯」です。できれば精製されていない玄米が栄養価も高く良いです。
消化しにくいという方は白米でも良いです。まずは1食100g程度のご飯を取り入れていきましょう。
パンも普通の食パンや菓子パンではなく、全粒粉のものを選ぶようにしましょう。

玄米は栄養価が高くオススメ!!

POINT

大切なのはバランス

糖質制限をしていると、「糖質=悪者」というイメージも抱いているかと思いますが、体にとっては必要な栄養素です。
忙しいとどうしても、おにぎりやパンなど手軽なものに頼りたくなりますが、そのおかげで栄養素のバランスが乱れ、代謝されにくい体になり、気がつけば脂肪を溜め込んでいるという結果に。そうならないためにも、食事のバランスが大切です。

ご飯やパンなど主食のみにならずに、主菜と副菜も体をつくっていく上で必要不可欠な存在であることを念頭に置いて頂きたいです。
これからの人生がより豊になるように、食に対する意識を。


「UNDEUX(アンドゥ)は、美容とダイエット専門の女性専用のパーソナルトレーニングジムを運営しています。

Mami

執筆者: Mami

資格: 管理栄養士

管理栄養士。食べることが好きで、食べることに幸せを感じます。"一生好きなものを食べる自分"でいられるように無理せず食事管理をモットーに生きています。

このトレーナーの記事を見る

こんな記事もよく見られています

RECCOMEND

おすすめの記事