美肌の女性の画像

ライフスタイル

〜理想の美人になるには〜 話題の美肌菌、表皮ブドウ球菌を知り理想の美肌を手に入れる方法

みなさんボディメイクをするのにトレーニングは必須ですよね?
見た目の部分では綺麗な体になっても美肌をもつ女性こそ憧れるものだと思います。
そこで今回は肌についてお話したいと思います。

『表皮ブドウ球菌』という言葉を聞いたことありますでしょうか。
ほとんどの方がないと思います。
それも無理はありません。
最近流行っている『腸活』などの記事には食物繊維や乳酸菌について触れられていることがほとんどだからです。

今回紹介する『表皮ブドウ球菌』は乾燥・ニキビなどの肌荒れと深い関係があるのです。
そこで、表皮ブドウ球菌の重要性と増やす方法をお伝えしていきたいと思います。

表皮ブドウ球菌=美肌菌?!美肌には必須、表皮ブドウ球菌の働き

誰でも美肌は手に入れたいもの。
最近話題の『美肌菌』
美肌菌の正体こそが『表皮ブドウ球菌』なのです。

美肌菌

私たちの顔には常在菌が約10億個も存在していると言われています。
表皮ブドウ球菌は肌に住む皮膚常在菌の一種です。
腸内細菌を『腸内フローラ』というように皮膚常在菌も『肌フローラ』と呼ばれています。

表皮ブドウ球菌は汗や皮脂を餌にして「グリセリン」や「脂肪酸」を作り出す働きがあります。
この産生される成分がとても重要なのです。

グリセリンは『天然の保湿成分』とも言われ肌に潤いを与えてバリア機能を保つ効果があります。
脂肪酸は肌を弱酸性に保ち、抗菌ペプチドを作り出すことで肌荒れやアトピーの原因となる『黄色ブドウ球菌』の増殖を防いでくれます。

そのため、表皮ブドウ球菌は肌の潤いやバリヤ機能に関わってくることから『美肌菌』と呼ばれているのです。

肌荒れの原因 肌フローラの状態

先ほどお伝えした通り、肌フローラとは『皮膚常在菌』の集まりのこと。
肌荒れが起きている時の肌フローラの状態を知ることで美肌への近道となります。

肌フローラの中でも特に大切なもの

  1. 表皮ブドウ球菌(増やしたい)
  2. コリネバクテリウム(抑えたい)
  3. マラセチア菌(抑えたい)

表皮ブドウ球菌は先ほどお話した通り『潤い』や『バリア機能』の美肌効果と関わってくる重要な菌です。
他の2つの菌についてもどんな働きをするのか知っていきましょう。

コリネバクテリウムは肌の炎症、痒みの元となるもので肌だけではなく頭皮や体、足の匂いの原因とも言われる菌です。
皮脂を餌にして増殖し、肌の炎症やかゆみを引き起こす成分を作り出してしまいます。
そのため、皮脂分泌を増やす食事(高糖質・高脂質)を控え脂質代謝を促すビタミンBを摂取することが大切です。
また、多湿な環境が好きなためお肌のムレにも注意が必要です。

マラセチア菌は背中のニキビの原因とも言われるもので肌トラブルにつながる困った菌です。
またマラセチア菌は菌というよりもカビの仲間。
やはり、マラセチア菌も皮脂を食べて増殖し、過剰に増えることで炎症性物質を作り出します。
そのためコリネバクテリウムと同じように皮脂を抑える食事が大切です。
これらの『肌フローラ』を整えることで肌荒れ改善に繋がるのです。

!Point

コリネバクテリウムやマラセチア菌を防ぐためには皮脂や糖質を抑える食事が大切です

豚肉

皮脂分泌を増やす食事(高糖質・高脂質)を控え脂質代謝を促すビタミンBを摂取することが大切です。

表皮ブドウ球菌を増やす為にすること

肌改善には表皮ブドウ球菌(美肌菌)を増やして、バリア機能を高め「肌フローラ」を整えることが重要なことはもうお分かりだと思います。
そこで「どうすれば美肌菌が増えるのか?」と疑問にあると思います。

しかし、鍵を握るのは毎日の習慣 だったのです。

どうすれば美肌菌が増えるのか?

洗顔している女性の画像

1.洗いすぎを控える

肌ケアをする際、やりすぎは良くありません。
ついつい気にしすぎてW洗顔や朝晩の洗顔などをしてしまってはいませんか?
過度な洗顔は美肌菌を殺ししてしまったりそのエサとなる皮脂を奪いすぎてしまいます。
洗顔をする際は『ぬるま湯』で『優しい洗顔料』を『夜のみ』にしてみましょう。

2.適度な運動をして汗をかく

汗は不潔なイメージを持たれがちですが、その汗こそが美肌菌の大好物なのです。
また汗をかくことで毛穴の汚れも一緒に流れ一石二鳥です。
ストレッチやウォーキングなど毎日30分ほどの運動を習慣付けていきましょう。

3.表皮ブドウ球菌(美肌菌)を考えた化粧品を選ぶ

美肌菌のためにスキンケアアイテムはなるべくシンプルなもの選ぶのがいいです。
菌の観点から洗浄力が強かったり、美肌菌に影響をもたらすものは避けるといいです。
『界面活性剤』『防腐剤』ができるだけ入っていないものを選びましょう。
決してこれらの成分が毒というわけではありません。
実際、一般的な成分なので入っていない化粧品を選ぶの中々難しいと思います。

!Point

今使ってる化粧品の数を減らしてあげるのもいいかもしれません。

例えば、導入化粧水、化粧水、美容液、乳液クリーム、日焼け止め、化粧下地。。。

スキンケアステップをとにかくにたくさん、念入りにと思うかもしれませんがほぼ界面活性剤や防腐剤が含まれているので
たくさん使えば使うほど菌のバランスにとっては逆効果かもしれません。
できるだけシンプルにスキンケアを済ませることをお勧めします!

美肌菌をふやすためにできること

1.洗いすぎを控える
2.適度な運動
3.基礎化粧品をシンプルに

本物の美肌は内側からのケアも欠かせない

これまで話してきた美肌菌についてはあくまでも外側からのアプローチです。
本当の美肌を手に入れるには内側からのアプローチも必要です。

『リーキーガット症候群』という言葉があります。
それは腸内から血液中に老廃物や有害物質が漏れ出す現象のことです。
血液を通して全身にめぐり皮膚にまでたどり着くと肌のターンオーバーや皮脂分泌バランスを乱してしまうのです。
ですので、美肌のためには腸内環境を整え内側からのケアも重要なのです。

腸内環境を整えるために

・食生活

高糖質・糖脂質・小麦製品を控える
水溶性食物繊維・発酵食品を摂る

・生活リズム

運動習慣を身につける
休息をこまめに摂る

一つ一つできることから始めて真の美肌を手に入れましょう!

まとめ

『美肌』は高い化粧品を使ったりすよりもボディメイクと同じように運動と食事改善で作り出すことができます。
毎日の習慣が鍵となります。
理想の身体を手に入れると同時に美肌も手に入れ本物の美人を目指しましょう。
ぜひ心がけてみてください!


「UNDEUX(アンドゥ)は、美容とダイエット専門の女性専用のパーソナルトレーニングジムを運営しています。

Kanae

執筆者: Kanae

資格: NSCA-CPT、JATI、健康運動実践指導者

このトレーナーの記事を見る

こんな記事もよく見られています

RECCOMEND

おすすめの記事