トレーニング

痩せたい!!筋トレと有酸素運動どっちが痩せる?? 〜 効率よくダイエットするためのベストアンサー

トレーニングと言えば、何を思いつきますか? バーベルやダンベルを使う筋トレ?それともウォーキングやジョギングといった有酸素運動? 多くの方が、このどちらかをイメージされたかと思います。 今回は筋トレと有酸素運動の違い、またその2つを組み合わせることでダイエット効果がUPする仕組みを説明します。

1. 筋トレ(筋力トレーニング)効果とは?

ウェイトトレーニングレジスタンストレーニングとも言われ、言葉の通り筋肉に負荷や抵抗をかけて行うトレーニングです。 トレーニングの種類はたくさんありますが、スクワットやベンチプレス、デッドリフトなどが代表的です。

筋トレは継続することで、筋肉量を増加させ基礎代謝を上げる効果があります。
基礎代謝とは、人が何もしなくても(じっとしていても)日常生活の中で消費するエネルギーのことを指します。
筋肉はその消費エネルギーの多くを担っているので、筋肉量が増えると基礎代謝も上がります。
何もしていなくてもエネルギーを消費しやすくなるので、太りにくく痩せやすい身体を作れるのです。

また、筋トレをすることで成長ホルモンの分泌が活性化します。
成長ホルモンには代謝や脂肪分解を促進する作用があるので、脂肪が燃焼しやすい状態になります。

2. 有酸素運動の効果とは?

体を動かすために必要なエネルギーを、人は体内の糖や脂肪と酸素を使い作り出します。
ですが、体内に貯めておける糖には限界があるため、糖をエネルギーとして長時間運動を続けることはできません。
そこで、体は脂肪を分解してエネルギー源にする方法に切り替えます。
この脂肪を分解してエネルギーを作る方法は、長時間の持続が可能です。

そのためウォーキングやジョギングなど長時間継続できる有酸素運動は、脂肪燃焼に効果的と言われています。

3. 筋トレと有酸素運動を組み合わせる

体筋トレと有酸素運動それぞれ単体でも、もちろん効果はあります。
ですが、せっかくダイエットを頑張るなら、筋トレで脂肪を燃焼しやすい状態にしてから、その後に有酸素運動を行い、しっかり脂肪を燃焼させませんか?
良いとこ取りをして効率よくダイエット効果を得ましょう!


自宅でできる筋トレのご紹介

女性でも簡単!女性らしい引き締まった身体を手に入れる!自宅で出来る『自重トレーニング』のまとめ 自宅筋トレをしてみるファーストステップ~どんなトレーニングを何回すればいい?

簡単に始められる有酸素運動のご紹介

1
ウォーキング

ウォーキングは人の最も自然な動きなため、日頃から取り組みやすい有酸素運動です。 毎日一駅前で降りてみたり、公園でのウォーキングを日課にしてみたり手軽にできる運動です。

ウォーキング中は基本的に歩くことだけに意識を集中
フォームや目線、歩行スピードなどは変わらないように意識

TIMES


2
ジョギング

早朝や仕事終わりなど、時間を工夫して取り組める有酸素運動。ウォーキングと比べるとカロリーを消費しやすく、ダイエットに効果的です。


速く走り過ぎず、軽く会話が出来る程度の速度で

TIMES

長い距離走ることよりも、時間をかけて自分のペースで取り組むことを意識

TIMES


3
踏み台昇降

踏み台昇降は階段や軽い段差の踏み台に、乗って下りてを繰り返すだけの室内でも簡単に取り組める有酸素運動です。 消費カロリーは低いですが、場所を選ばず足首や腰に負担がかかりにくい運動です。

一定のリズムでリラックスしながら取り組む

TIMES
筒井

執筆者: 筒井

UNDEUXパーソナルトレーナー 梅田スタジオ店長 資格:NSCA-CPT 気さくで話しやすい人気トレーナー。「明るく楽しくご機嫌に!」をモットーにお客様とのトレーニングを行っています。最近はまっていることは「ドクターXを一気にみること。

RECCOMEND

おすすめの記事